FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかくすぶってるのでちょい怖い話でも語ろう!

脳味噌蕩けるほど甘美なギンルキ妄想が欲しいkokurikoです!
最近妹から聞いた話がちょい怖だったので語ろうと思います(´・ω・`)旦~3
大した話ではないのですが怖い話が嫌いな方はスルーなさってください。
バス通勤の妹から聞いた話。

妹の後ろに座ってた男子学生達の会話

A『俺,そろそろバイトやめようかな…』

B『なんで?』

妹(なんで?)←聞こえてくるからつい心のなかでしてしまう相槌

A『いや,そろそろ見えちゃうのヤだし』

B『何が?』

妹(ナニが!?)←ワクワク

A『うちのバイト先のレストラン,フロア係に古参の人いないんだよね』

B『うん』

妹(うん)

A『長く働いてると見えちゃうんだよ常連の幽霊…』

B『はぁ?』

妹(常連ってナニ?)

A『見た目,普通のおっさんにしか見えなくて「四名様ですか?」って聞いたら真顔で「…?…三人ですが」って聞き返されちゃう位自然な奴が』

B『ええっ!?』

妹(ええっ!?)

A『普通の客に混じって入って来るんだ,ホント見分けつかないんだって。別に何するわけじゃないんだけどヤだろ?

B『それはヤだな

妹(イヤすぐる…)

A『先輩もやめたから俺も来月やめるって言おうと思うんだ』

B『そうだな。あのビル古いしそう言うのもあるのかな』

そこで二人はバスから降りてしまい話はこれで途切れてしまた。後には

ビルの名前店名明確にしてくれぇぇ!!)

と心のなかで絶叫する妹がバスにひとり残されたのでありました。オチ無し



とりあえずダンナとるーと一緒に外食するときはラーメンかファミレスにしておこう…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



(おまけ)
コク『フロア係として一人前になって初めて見える通過儀礼とも言える…』

妹『店にも本人にも何のメリットもないでよ…』


ちゃんちゃん♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。