スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見に来てくださるギンルキスキー様のニーズを考える(´・ω・`)

闇色の恋書き上がったんですがなんかグダグダしております…ついった小咄で暫しお茶を濁させてくださいませm(_ _)m

      ☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 闇色うPマダ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
      | 愛媛みかん  |/    なんて思われていたら嬉しい
【我儘にキミを】

乱菊「あんたが朽木を好きって気持ちは野に咲く花を子供が摘みとるようなものよ。日当たりの良い緑に溢れる場所から我儘で 摘んで布団に添い寝して眠るような見当違いの愛情…朽木には不幸でしかないわ」

ギン「しゃあないやん,他の奴らの目に留まらせるくらいやったら花びら毟ってまうんや。ボクは」

ギンは摘んだばかりの花を労しげに口許に寄せると,唇で花弁を千切った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。