FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐と猫は優しく眠る

ほぼ会話の超SS,たまにはほっこりと寄り添うギンとルキアです。
(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡でもRも書きたい!ギンルキの神様コクに力を…(祈)


 布団の上に頬杖をついて横たわり暖かそうな掛け布団を惜しげも無く片手で持ち上げ,寄り添って眠れる場所をギンはルキアに示す。ゆるやかに羽織った夜着の胸元がわずかにはだけ乱れている様に内心どきりと胸がざわめく。
ちらりと流されたルキアの視線をどうとったのか,仕草だけでは警戒している恋人を誘えないと思ったのか,ギンは笑み崩れる口許からゆるやかに言葉を紡いだ。

ギン『ルキアちゃん,こっち来て一緒に寝よ』

ルキア『性悪狐の隣でなど寝られぬ』

ギン『ボクが狐なら一緒に寝やんと』

ルキア『は?』

ギン『こっちに来て寝なさいていう言葉「来つ寝」が転じて狐と呼ばれるようになったんやて。美濃の言い伝えや』

ルキア『妙な雑学を…』

そう言いながらもルキアはギンにそっと寄り添った。すぐ長い腕がルキアの小さな身体を抱き寄せ,すっぽりと包み込んでしまう。ルキアは小さく満足気な吐息を漏らす。温かで優しい己だけの場所が本当は愛しいのだ。

ギン(ボクが「来つ寝」ならキミは「寝子」やね。ずぅっとボクの腕のなかでだけ寝てな…)

性悪狐は愛しい猫を抱きしめてうっとりとまどろむ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。