FC2ブログ

時の流れは早いですね(^ω^ゞ

ふと気が付くともはや11月ではありませんか!?10月に3本UPの予定が2本になってて申し訳ないですm(_ _)m
なんとか『妖魔の森のギン狐』を上げたかったのですが…執筆はしておりますので心優しきギンルキスキーの皆様気長にお待ち下さい(深謝)

以前上げたツイッタ小話上げておきます。ギンルキ前提ルキア様総受けです♪
花言葉とくちづけ

浦ルキ『ミモザ』―

「朽木さん,来週ご結婚ですってね…これアタシからの結婚祝いっス」
光の粒のような金色の可憐な花束が差し出される。
「可愛らしいな何という花なのだ?」
「ミモザ…」
「え?」
囁くような声
「ミモザっていうんですよ…ルキア…」
浦原に花ごと抱きしめられるルキア。

花詞『友情』そして『秘密の愛』―


白ルキ『白薔薇』―

白哉の私室に白薔薇が一輪。
「これは?」
訝しげに尋ねる主におそば去らずの老家令が答える。
「ルキア様です。ほっほ…兄様に ぴったりの花だと仰られて」
かつてルキアの姉,緋真からも送られた花…きっとルキアも花詞を知らぬのだろう。
花詞『純潔・尊敬』そして『私は貴方にふさわしい』白哉の口元にあるかなきかの優しい笑みが広がった
(おまえは朽木家に,そして我が傍らにふさわしい…)


ギンルキ『アイレン』―

「ルキアちゃん,何やその花束?」
それは紫色の麗しい花々。
「私とおまえとの結婚祝いらしいのだが,差出人の名前がないのだ…」
「誰からかわからん花束なんか気色悪いわ!捨ててまお!」
「花に罪はないだろう」
咎めるように軽く睨んでくる恋人にギンは口許を尖らせる。
(大有りや!その花全部アイレンやん!)

花詞 『幸せになって下さい』そして『私も貴方が好きでした』―


イヅルキ『寒椿』―

外庭に面した渡り廊下で
「朽木さんおはよう」
「おはよう,吉良。寒いな」
「うん,寒いね。 でも,ほら見て,朽木さん」
イヅルの指差した先には
「おお,寒椿が咲いたのか,美しいな…」
一輪摘んできてルキアの髪にさすイヅル
「似合うよ…」
「ありがとう,吉良」
(朽木さん,その寒椿の名前は『侘助』だって知っているかな…)


グリルキ『キス』―虚圏にて

「よく生きてたな…死神」
「お生憎だな…」
睨み合う菫と浅葱の瞳
「減らず 口叩きやがって,腕をへし折られたいか?」
掴んだ腕のなんと細く儚いことか
「変にそそる女だな…てめぇは…」
「何を?」
「黙ってろ…」
噛み付くような口づけが落ちる。意味な ど知らないただこの女が欲しい…

手首へのキス『欲望』―


ギンルキ『キス』―

手足を絡ませ縺れ合う褥の中
「キスする場所に意味があるて知っとる?」
「知らぬ…だがどうで もよい」
「なんで?」
「私の体でおまえの唇がふれておらぬ場所などない…」
くくっと喉を鳴らすような嗤い
「せやね。じゃあ意味ある場所から始めよか…」

手首にゆるりと這わされる熱い舌。それ以外は狂気の沙汰


ギンルキ『くちづけ』―

「ルキアちゃん,こんにちは」
「こんにちは急いでいますので…」
通りすぎようとするルキアを引き止め言葉を続ける
「こないだうちの隊に来た時忘れ物してったやろ…手ぇだして」
恐る恐る差し出された小さな手のひらを引き寄せ唇を付け,手首に 舌を這わす。

『懇願』と『欲望』これがボクの最後通告…


海ルキ『キス』―

鯉伏山で鍛錬中
「痛ぅ!」
「く,朽木,大丈夫か?」
寸止めしたはずの海燕の太刀がルキアの手首をかすった
「大したことはありません」
「見せろ…」
「あ…」
細い手を掴み血の滲む手首に唇を押し当てる
(この場所にくちづける意味をおまえが知っていたのなら…)

手首へのキス『欲望』―



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
君に捧げるラストノート
LEAVE NO HEART
着物にまつわる嫉妬(1~10)
ボクが喰らうのは…
寒い夜だから…
アノ空ノ向コウガワ.1~5
哀しき花の護り人
SAUDADE
天上の花
ロンギヌスLonginus
楽園の日々
夜の虹
優しき夢の護り人
ボクの世界の~
まがいもののセスタ(ルピ視点)
まがいもののセスタ(ギン視点)
哀しみのカタチ(ルピ視点)
嘘から出た真
サヨナラの贈り物

乙女座男子と山羊座少女
背徳のクリムゾン
霊絡
FADE TO BLACK(ギンルキ)
海うさぎ
ボク色の靴下に入ったのは…
絶対家族(特別編)
風邪をひいたら(ルキア)
風邪をひいたら(ギン)
素直にI'm Sorry
風立ちぬ~魂がはなれるとき
鬼ごっこ
ハロウィーン
卵と蛍に浮気うぐいす
窓の贈り物
陽だまりの中で
嫌悪の媚薬
ひとはそれを狂気という
絡繰匣〈前編〉
雨夜の品定めみたいな
クリスマスの天使は…,他
美味しいお話(まとめ6編)
求めるままに(ルキアR15)
求めるままに(イヅル)
我儘にキミを
隊長はルキアさんと…
四季のギンとルキア
性食一致
性食一致(朝ごはんver)
夜よりも朝キミを…
小話まとめ
蒼鉛色の追憶
それから愛はどんなふうに…
メリークリスマス
ため息の行方
月がとっても青いから
王子と狐と薔薇の花
キミはキセキを信じない…
一片の雪のように…
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR