メリークリスマス☆。゚+.(人-ω◕ฺ)゚+.゚

心優しきギンルキスキーの皆様がよいクリスマスを過ごせますように(愛)クリスマスSSです
キラキラ光るクリスマスツリー,赤々と燃えさかる暖炉のそばで,ギンは小さなルキアを膝の上に乗せすっぽりと包み込むように抱きしめる。抱きしめるだけでは足りないのか,更にギンは楽しそうに愛おしそうにルキアの頭を撫でる。
まるで宝物を愛でるように優しく繊細に。
ほんの少しだけくすぐったくて,とても気持ちがいい。でも,照れくささが勝ってしまって,くちではなんとなく反発してしまう。

「どうしておまえはしょっちゅう私の頭を撫でるのだ?」

「ルキアちゃんは世界一ええ子やから,なでなでしたいんよ」

「私は子供ではないぞ」

膨らんだ頬を長い指が可愛くてならないのか,軽くつつく。

「そりゃそうや,ボクのカノジョやん」

「……」

『カノジョ』,なんというか新鮮な響きに頬がほんのりと赤くなっていく。
良い意味で予測を外されると,喜びはどうしてこんなにも胸の内で弾むのだろう。
じんわりと優しく包んでくれるのだろう。

「たわけ…」

「えーなんで?」

問い返す声もさして不満を含んでいないのは,言葉の余韻に隠し切れない甘さがあるから。本当は心地いいのがわかっているから。

うっとりと満たされる蜂蜜色の時間…今夜は更に甘い。まるでクリームとフルーツで飾られたケーキのように。
ギンは甘い香りのする艶やかなルキアの髪にくちづける。

「好きや…」

橇の鈴音のような優しい声が,光のように耳に降り注いでくる。
それはまるでクリスマスプレゼント…
ルキアは幸せそうにギンの腕の中で眠りにつく。


メリークリスマス―――





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR