これだけは書き上げたいなと思うものは

「妖魔の森のギン狐」を今少しずつ書き始めています。
どうか、私の大切なギンルキスキーの皆さまに届けられますように(祈)

追記 ちえさん、拍手コメントありがとうございます。私の尊敬する方もブログに素敵な小説をUPしていらっしゃいました。私も続くことが出来ればいいなと心から思います。


コメントありがとうございます( ;∀;)

ローガン様―優しい暖かなコメントありがとうございます。詳しいお返事はそちらのブログでさせていただきました。
時間はただ心を置き去りにしたまま流れるものではないと信じて、頑張りたいです。



拍手コメント、ありがとうございます( ;∀;)

ちえ様、かなえ様―コメントありがとうございます。こんなにもお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。お二人の優しさに甘えすぎていたと反省しきりです。私の作品を愛してくださるとおっしゃってくれた、お二人のもったいないほどありがたいお言葉を何度も読み返して涙があふれました。
今、BLEACHのサイトの検索やsearchも少なくなっていっていますね。哀しくて寂しいことですがこれも時の流れなのでしょうか。
まだ、私の書く小説に需要があるのだろうかと悩むこともありますが…のんびりとでも続けていきたいのも本音です。
ただ、今は、自分の気持ちに整理をつける時なのだと、穏やかな時間を過ごそうと思っています。

いらして下さったすべての方に感謝をこめて(愛)

ルキアちゃん誕生日おめでとう、今もこれからも大好きです…

心優しきギンルキスキーの皆さま、いらしてくださってありがとうございます。
心の中は何一つ整理がつかないままですが、ギンルキ愛だけは消えてはいません。
ただ、私がギンルキを書くための背骨がイチルキだったのだなぁと自覚してしまったのが中々きついものですね(小説は書けないのですが…(笑)。
ギンルキの小説にはいくつかまだUPしていない完結作品もあるのですが…どうしたものか、などとグダグダと考えてしまっています。

以前書いた超SSです。いらしてくださった方たちに感謝を込めて…今の私の精一杯です(愛)

続きを読む

あれから4か月ちかくたちましたね…

心優しきギンルキスキーの皆さまご無沙汰しております。あまりにも長い時間放置していたというのにいらして下さる方たちがいて己のふがいなさと皆様の優しさをかみしめる毎日を過ごしております。
いらしてくださる皆様、本当にありがとうございます。また、書けるのか、このままになってしまうのかは正直、今の段階ではお知らせすることができません。でも、けじめをつけることを決めた時には必ず、その旨はこのブログにUPいたします。
いらしてくださって本当にありがとうございます(深愛)


アクセスカウンター
はじめに

ここは管理人の私的趣味による2次創作小説サイトです。
掲載している文章は各会社・原作者ご本人様とは一切関係ありません。
この趣旨にご賛同いただけない方々,嫌悪感を覚えるという方々は退室ください。
すべて閲覧は自己責任でお願いします。

このページのどこかに『裏のお茶会』があります。18歳以上の方のみ探してお入りください。
プロフィール

kokuriko

Author:kokuriko
神の意志はともかく市丸ギンと朽木ルキアをこよなく愛しております♪

ギンルキ団 俺愛 oreai_2_banner
ギンルキ小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

裏のお茶会(R18)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR